2017/06/30

プレグライダー世界選手権大会 Day3&Day4

June 27(Tue)
Competition day 3 
No task for today
曇り&小雨あり。スカイダイビングは飛んでますが、グライダーは飛びません。
今日はお休みです。





























ブリーフィング前、MaruとAdam Czeladzki(POL)さん、John Buchanan(AUS)さんと
昨日のフライト談義。AdamさんはDaily3位。
どこでどう上がったか、何を見ていたか、などの情報交換ができるのもプレ大会のよいところ。




























June 28(Wed)
Foggy...
朝8時。霧がでてます。視程100m無いくらいです。
Grid(ラインナップ)指示はまだ出ません。
ヨーロッパ組も動き出していないのでまずは待ちます。



























1時間経たないうちに動きがでてきました。水バラスト搭載することにしました。





























昨日はNo taskだったため、オーガナイザーからオススメレストランリストが発表されました。
何人かがリサーチに出かけ、それぞれ行ったレストランの評価What's Appでシェア。
MARUもレポートシェアしたところ、調査結果が発表され各レポーターにプレゼントがありました!
*ダメだったお店はビールとつまみだけで食事が無かったそうです。
































Competition day 4
霧は晴れました。
準備出来ました。
タスク出ました。
午後からの予報は下り気味。
さて、待ちますか。





















Task:AAT 2:00:00 129.8km/405.5km(267.2km)
今日もアサインドエリアタスク。飛行場からあまり離れず西と東を飛ぶエリア設定。
地上は30℃近くまであがりかなり暑い、
が2時間と短めなのは西から雨域がやってくる予報があるため。
今日は早めにスタートして天候が悪くなる前に帰ってくる戦略をとるらしい。
もうすぐ発航始まります。


Combi Open Class is cancelled today.
全機飛び立ったのですが、MARUのクラスのレースはキャンセルになってしまいました。
同じクラスごと順番に発航されていくのですが、後半に発航されたグライダーの気象条件が
悪すぎたようで全く上がれずに次々に降りてきてしまうほどだったのです。
短時間の間(20分ほど)での変化。条件格差がありすぎた、ということで残念ですが致し方なし。

Disassemble
降りてみるとグライダーをトレーラーにしまう人がちらほら。
今夜から明日にかけてthunder storm 予報があり安全のためにしまうのです。
MARU もしまうことにして準備を始めたら近くのMartin Hřivna(CZE)さんとPetr Tichý(CZE)さんが
手伝いに来てくれました。Strong Guysはパワーがあるのであっと言う間に作業終了。
「もっと肉食べてパワーつけないと(笑)」とアドバイスももらいましたが
それだけではあんなに屈強にはなれません!

リーダー 赤石
Facebookアップ記事をブログに掲載しています。

https://www.facebook.com/TeamMaru













0 件のコメント:

コメントを投稿