2017/07/05

プレグライダー世界選手権大会 Day7&Day8

July 1(Sat)
dobré ráno!
グライダーの重量チェック。大会前に計測した値より重くないか、を毎日チェックしています。担当は10代のスタッフたち。大会オーガナイザーの子供やその友人達らしく最初は慣れていなかった作業ですが、いまやスムーズに行われています。

昨日と似た天気。
雲多く風強い。雲の変化もはやいです。昨日の午後に降ったにわか雨(Shower)、今日は午前から降りました。
Competition day 7
Cloud street condition
Task: AAT(3 areas) 2:30 162.5km/477.8km (314.7km)
昨日と似た天気。空一面にクラウドストリートがあり風強く冷たい。
サーマルトップは対地1000m、時間が経てば1500mまで上がる可能性あり。前半は粘り後半飛ばす作戦。今日の目標「チャレンジ!」
Result :
Daily 6位/23機 
http://www.soaringspot.com/…/open/task-5-on-2017-07-01/daily
Total  4位/23機
http://www.soaringspot.com/…/open/task-5-on-2017-07-01/total
飛び立った後の地上でも数回のシャワー&激しいサンダーストームに見舞われました。(あまりにもすごすぎて写真撮れず)今日は無事に帰ってこれるのか??な状況の中、帰ってきました!
目標の「チャレンジ」は、1.サンダーストームのガストフロントを使うという判断がよかった 2.最終レグで自分が良いと思ったコースを選択していい結果が得られた ということで達成できたようです。
相当タフな気象条件だったらしく、かなり疲れたようですが充実のフライトだったようです。

本日、新たなクルーが到着!
昨年も来てくれたHaruyoさん。明日からさらにパワーアップ!のTEAM MARUです。
引き続きの応援よろしくお願いします。

July 2(Sun)
日本からの応援メッセージありがとうございます!
昨日はトラッキング映像を見ながら小学生の女の子が応援してくれていました。声援はしっかりMARU に届いていましたよ。ありがとう。
昨日から新しいトラッキング画面が大会側から公開されました。こちらでもチェックできます。
https://wgc2018.onglide.com/current-day.xml?class=COMBIOpen

朝は雨でしたが、晴れてきました!
MARU インタビューされてます。

Competition day 8
Cloud street condition
Task: Racing (Polygon with 3points) 263.2km
風弱く、昨日より飛びやすいコンディション。ただし、西から高層雲が迫っており夕方から崩れる予報があるため、アーリースタートし手堅くフィニッシュする戦略。
過去の経験からうまくいった翌日は100%失敗フライトになっているので、今日はこの悪い癖に終止符を打ちたい!今日の目標「まず、落ち着け」そして「チャレンジ」

今日は相当厳しいらしく、タスクコンプリートせずに戻ってきたグライダー数機あり。そしてハウストレーラーを引いてアウトランディングしたグライダーを回収に行く車あり。
地上にいても空気が動いている感じがしない。MARU はどうだ??

Result
Daily: 13位/23機
http://www.soaringspot.com/…/open/task-6-on-2017-07-02/daily
Total: 6位/23機
http://www.soaringspot.com/…/open/task-6-on-2017-07-02/total
タスクコンプリートは Łukasz Wójcik(pol)とZdzislaw Bednarczuk(pol)の2名だけ、という厳しいレースとなった本日。MARUは途中でエンジンかけて戻ってきました(アウトランディング扱い)。失敗まではいかなかったけれど「してやられた」とルカッシュ達の飛行ルートを見て振り返り中。1st legでは冷静にチャレンジ出来たけど、3rd legではチャレンジ出来なかったとのこと。
厳しい状況の中でも集中力を持続させ、冷静にチャレンジすることの難しさを感じたレースだったようです。気持ちを切り替えて明日からまたチャレンジ!

リーダー 赤石 
Facebookアップ記事をブログに掲載しています。
https://www.facebook.com/TeamMaru

0 件のコメント:

コメントを投稿