2015/03/29

2014年ポーランド選手権 Open クラス day2 (2014/05/20) パイロットレポート

Area Assigined Task
208.7km/480.5km 3:00       

Results


クルーレポート

ウエザー

ハンガリーに中心を持つ高気圧が勢力を拡大。ポーランドとロシアの国境に前線で不安定部分

14:00にはまだサンダーストームが無いがロシアとの国境部分は不安定気味

16:00 はサンダーストーム



数値予報も 16:00 はストーム



ポーランドロシア国境は前線の影響で悪いがそこを除けばポーランド全域が良好なコンディション




前日より暖まる上空


(資料の日付は間違えてます)14:00 から ISOL Cb , TS SHRA , 1500-1800m の積雲 2/8, - 4/8 1.5-2m/s
たち始めている不安定度の高い空(写真のように雲が横に広がるのでは無く、上に立っていく場合は不安定度が高いのでどんどんとCbが大きくなる)


タスク

東側が悪いはずなのですが、最終エリアは東へ。西のエリアで距離を稼ぐのがポイントか


目標
Centka 先生をスタート前に補足してフォローする(自分より後ろの発航なので補足しやすいはず)。前日の「焦って前に出る」失敗の反省から、焦らず、前に出ない。

トレース
予想通り 第2エリアをなるべく奥まで。第3エリアはタッチするのみ


フライト

スタート

  • 曳航が一列目だったので2列後ろのCentka 先生を上昇中に発見できた。マークする機体をスタート前に見つけられて、良いパターンで見つけられた。
  • スタート前のガグルは積雲に隠れがちで怖い状態だがなんとかマークでき、一緒に良いスタートができた(12:58-13:01 の間に28機(9割方)がスタート


1st leg

  • 予報通り東はあまり良くないので早めにターン

2nd leg

  • 良いエリアなので伸ばせるだけ伸ばす。川渡りは 35km ブルーエリア。渡った後はストリートをドルフィン

3rd leg

  • エリアのヘリまで行ってターン。同じルートをドルフィン。再度川渡り。
  • 川渡り後は上げ直して再びドルフィン
  • 東野エリアが悪いので、悪いエリアの前で十分高度をとって25kmグライド

4th leg

  • トータル 47km グライドで 930m 失高。29 は落ちない、届かないと思っても届く。頭の中を変える必要がある。再び積雲エリアに戻れたので 1.7m/s でクライム、L/D finish 30 でファイナルグライド。Centka に1分遅れでフィニッシュ

finish

反省

  • 上手くいった日

0 件のコメント:

コメントを投稿